番長が旅した37ヵ国の旅行記など。ほとんど一人旅。3年半のイギリス滞在を終え、2010年2月に日本に帰ってきました。


by bancho55a

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
07.9- イギリス生活 UK
10.1-2 モロッコ・エジプト
09.12 ハンガリー
09.11 トルコ・ギリシャ
09.3 ダブリン
08.12 プラハ
08.11 クロアチア
08.10 リヨン
08.08 チューリッヒ
08.6 アムステルダム
08.6 バルセロナ Barcelona
08.5 ベルギー Belgium
06.9-07.9 イギリス留学UK
07.10 マルタ島 Malta
05.11 イギリス UK
05.6 北欧 Scandinavia
05.1 Jamaica&Cuba
04.8 コスタリカCosta Rica
04.6 イギリス UK
03.11 スペイン Spain
03.5 韓国 South Korea
海外旅行履歴
国内旅行
お祭り
未分類

マイリンク

以前の記事

2011年 01月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 01月
2004年 08月
2004年 06月
2003年 11月
2003年 05月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

会社最終日

今日が会社最終日でした。

段取りの悪い番長は、いつも最終日ってバタバタしてしまう。日本での最後の会社なんて、お別れ会でさんざん飲んでから会社に戻り(ちなみに同僚数名も戻っていた・・・恐ろしい会社)、翌朝7時まで孤独に仕事してました・・・。

なので、今度こそはゼッタイに定時に終わるぞ!ということで、午前中ちょっと仕事した後は、ずっと退社準備してました。

まあ、今の仕事が、他の同僚2人と完璧にワークシェアしてるもんで、引継ぎ事項、ほぼゼロ。なので、今回ばかりはバタバタせずにすみました♪

夕方には、ちょっとマカロンとか買いに外に出て、各階を周りながら、知ってる人々に挨拶していったり。
といっても、普段、仕事で全く付き合いがないもので、知ってる人も少ないのだ。せいぜい、同じフロアで顔を合わせる人たちとか、受付の人、社食のシェフくらいかな。

こういう時の対応で、その人の人格が出るなぁ・・・と思ってしまう。親切な人、素っ気ない人、どう言葉を返して良いか戸惑う人、マカロンを2つも持ってく人(受付の男、お前だお前!)

挨拶を済ませ、東京のスタッフ、上司、ロンドンの同僚に挨拶メールを送り、パソコンをきれいにし、私物をキャリーケースに詰める。

最後には、東京の上司と同僚2人から、ニールズヤードの詰め合わせセットを頂きました♪
東京の上司は私にカイコを告げた人とはいえ、「仲間をもぎとられていくようで・・・」と言うほど、私の事をいろいろと心配してくれた人なので、ちょっとじーんと来てしまった。カイコを決めた上役とカイコ相手の板ばさみで悩む、この人も辛い立場なのです。

同僚からはこんなメッセージが。

「一緒にお仕事をしつつ、たくさん笑わせていただき、楽しかったです。」

「『とんでもない会社に入ったばっかりに、予定が大幅に狂っちまったぜ・・・』とチェーンを振り回したい気分だと思うけど、」

いやですわ、皆さん、あたくしのことを誤解なさってて。

その後、同僚のWさんが旦那さんとその友達と飲みに行くと言うことで、同僚のYさんと私も参加しました。Wさん、Yさんとこの飲みメンバーは時たま飲みに行っていて、私も何度か参加したことあるんだけど、最近はたまたま予定が重なったり、エンジェルの翻訳仕事が忙しく、参加できない日々が続いていた。なので、飲み仲間の方々に会うのは久し振り。

場所はいつもの、大学構内のパブ。・・・キッタナイけど安いんです。ビール1パイント2.2ポンドとかね。(500ml以上で300円)

博士課程でタイの歴史を専攻してる人とか、いろんな人と話す。最後はヨッパラった男を地下鉄のホームまでつれて行き、見送ってから自分の家に帰るという、ああ、なんて男らしい番長。(おいおい!立場逆だろこのイギリス野郎!)

さあ、明日からは晴れてプーの身です。スッキリしたなぁ、もう。
[PR]
by bancho55a | 2009-02-27 00:00 | 07.9- イギリス生活 UK

ブルー・エレファント

今日は私のお別れ会ということで、同僚2人と、タイ料理のブルー・エレファントという店に行きました。

そういえばタイ料理って、イギリスに来てから食べてないなぁ・・・というのが理由。くちコミも聞いたことないし。で、同僚のYさんが1度行ったことがあるという、この店に決めたのです。

しかし。

マズかった・・・。

まあ、お得なセットメニュー(3コース18ポンド)を選んでしまった我々がいけないのかもしれないが。

前菜もメインもカクテルも、とにかくすべてまずい。あ、最後のソルベだけは非常に美味しかったです。フルーツソルベとはいえ、香料で誤魔化してるんだろうと思ったが、どうしてどうして、ちゃんと本物のフルーツの味が濃厚に出てました。

だから、アラカルトメニューなら美味しいのかもしれない。

あと、内装と料理の器はわりと良かったです。店内に川が流れ、橋を歩いて渡り、周りはジャングル、という感じ。器系もこのとおりでした。
e0018350_735572.jpg

e0018350_7361531.jpg

e0018350_7365723.jpg

e0018350_7371220.jpg

[PR]
by bancho55a | 2009-02-26 00:00 | 07.9- イギリス生活 UK

シンプソンズ・イン・ザ・ストランド

ぼけりんさんの帰国前夜に、先日お宅訪問した友人と3人で、シンプソンズにディナーに行きました。

こんなイギリス料理の高級店、番長はこれまで行ったことはございません。クロークでコート預けてチップ払うとか、いったい何年ぶり!?緊張します~。

大広間みたいな部屋の、一番奥の暖炉前の席に案内される。
e0018350_040833.jpg

注文はもちろんローストビーフ(これで有名な店です)。そして、ロブスターのスープとデザートにコーヒー。

ネットで調べると、「ローストビーフだけでお腹いっぱい!」と書かれているのですが、実際には、焼き過ぎで焦げてたヨークシャープディングの一部を除き、3コース完食してしまいました!自分が恐ろしい。だってこの量ですよ(皿がデカイのだ!)
e0018350_03451.jpg

e0018350_0343852.jpg

付け合せの野菜。ミニ鍋に入ったキャベツ炒めが美味しい♪
e0018350_0345549.jpg

e0018350_0351672.jpg

ちなみに、肉はシェフが目の前で切り分けてくれます。焼き加減も聞いてくれるのですが、「レア」と言って出てくるのは間違いなくミディアムです。
e0018350_036994.jpg

くちコミにもあったのですが、観光客慣れしている店らしく、撮影ぜんぜんオッケー、というより、カメラを構えるやいなや、ササッとウェイターさんが寄ってきて、「はい、チーズ」「次はシェフと一緒に撮りましょう、ささ、席立って、並んで」

・・・あの、食事中・・・なんですが・・・。ま、良い思い出写真ができるのはいいんだけどね。

今日はたまたまパンケーキ・デイ(詳しくはウィキペディアとかで「謝肉祭」をお調べください^^)ということで、いつもデザート・リストにはない「パンケーキ+砂糖+レモン」もあると言われたのですが、まあ、ここでそんなもん頼んでもねえ。

火曜日なのにほぼ満席だったのは、明日の「灰の水曜日」と続く受難節に備えてたっぷり食べとこうという気持ちの表われ?・・・といっても、イギリス人がそんなに信心深かったり断食したりするとは思えんが。ま、この日に肉を食べに行くというのは正解だったかしら。

そしてなんと、ぼけりんさんにおごっていただきました!ううー、申し訳ないです・・・(涙)。この先、こんな高級レストランなんかにゃ行けないと思うので、しっかり目と舌と心に焼き付けておきました!!
[PR]
by bancho55a | 2009-02-25 00:00 | 07.9- イギリス生活 UK

フォーマルホール

今日はケンブリッジに行ってきました。

ケンブリッジ大学のフォーマルホール(学食での正餐)に潜入するためです。ケンブリッジ大学の日本人の友人Pさんのご厚意でゲストで予約して頂き、ぼけりんさんと日帰り旅行でした。

ロンドン・キングスクロス駅からケンブリッジ特急に乗ったのですが、時刻表を見るとあと2分で発車!1時間に2本しかない電車なので、ホームまで走って走って電車に駆け込む。・・・と、にゃーんと、満席!!座れない!!特急だから途中の駅で止まらない!!ということで、45分間、車内で立ちっぱなし。日本の通勤を思い出しました・・・。

ケンブリッジではPさんが、訪問中のご友人を観光案内するのにくっついてちゃっかり観光させて頂きました。主にカレッジ見学でしたが、冬場は入場無料だったり、Pさんが学生証を見せると我々まで無料で入れたりと、ありがたや・・・。しかも博識なPさんの詳しい説明付き。ありがたや、ありがたや・・・

ちなみに無知な番長は、てっきり大学の授業は各カレッジで行われるものと思っておりましたが、ちゃんと学部棟は別にあるんですね。カレッジは寮なんだ、ということがよくよく分かりました。

番長はケンブリッジ大好きで、またこれまでいろいろと機会があり、既に5回くらい訪れています。1ヵ月滞在したこともあるし。でもいつ行っても心がなごむ良い町です。好きやわ~。ああ、大学生として住んでみたい(100年くらい勉強すれば、きっとできる!)
e0018350_141219.jpg

それでも初めて訪れる場所もあり、「ため息の橋」は、いつもは見るだけでしたが、今回初めて渡りました^^
e0018350_15469.jpg

そして、これも今回初の、フォーマルホール。学食とはいえ、ケンブリッジのそれはとてもきらびやかで豪華。ホテルの大広間みたいです(言い過ぎ!?)。そこで、ろうそくの光のみで食事。周りには黒ガウンを着た天才達。ああ、なんてオトメ心をくすぐるシチュエーション!

ディナー自体は、3コースで11ポンドという値段だけあって、とてもシンプルな・・・(料理の仕方が・・・)ものでしたが、雰囲気がねえ♪ハリー・ポッターの世界ですわ。あれはオックスフォードだけど。
e0018350_3512748.jpg

e0018350_3485476.jpg

Pさんのゲストの日本人の方もご一緒でした。こうやって、他のカレッジの方を招き合うことで、将来のエリート・ネットワークが形成されていくのね・・・フムフム。ゲストの方は、それはそれは超優秀、完璧バイリンガル、頭の回転速い~!ていうか、話すことがいちいちおかしくて、笑い転げました。Pさんも相変わらず本当に頭の良い方で、話にも説得力があるし、知識量も豊富だし(専門分野だけでなく、ケンブリッジのトリビアまでくまなくご存知です)、とても楽しいディナー。食後は近くのホテルのティールームに移動して飲みなおし、実に楽しかったです。

最後はケンブリッジ駅でホームがなかなか見つからず、発車時刻を過ぎた電車めがけて「ギャーお願い乗せて~!!」と叫びながら猛ダッシュ、というオチ付き。行きも帰りもこのパターンですが、、、電車、待っててくれました。もう「イギリスの電車はいつも遅れる!」なんて文句、一生言えません。番長、英国鉄道に足向けて寝られませんっ!

久しぶりに大学院生の方や、教える側の方など、今の自分と違う進路や立場の方々にお会いして、目が開けた思いがしました。常にいろいろな立場の人と会うようにしていないと、自分の考え方や価値観が狭くなっちまいますね。いかんいかん。まあ、この方々のような超優秀な人生は歩めないにしても、自分の可能性を自分で狭めてしまわないよう、気をつけたいと思います。
[PR]
by bancho55a | 2009-02-22 00:00 | 07.9- イギリス生活 UK

猫とのひととき

今日は、ぼけりんさんと共通の友人宅におじゃましてきました。

外側は普通の家なのですが、中はだんな様が自ら床を張り直したり、テーブルを作ったりと、とても素敵な空間に生まれ変わっている!木の床に、大きな木のローテーブル、座布団クッションをひいて(・・・あ、いかん、江戸っ子になってしまう・・・)敷いて座るという、かなりな和風。床に座るのって、なごみます。

そして、可愛い猫ちゃんがいる!ギャーギャーギャー、猫大好きな番長はセクハラのように触りまくり、猫ちゃんも観念したか、番長のひざの上でくつろぎ、しまいには丸まってすやすや・・・。ううう、可愛い。

友人は「ちゃんちゃん焼き」という、土鍋で鮭と野菜を蒸してチーズとゴマと味噌で味付けした手料理をふるまってくれました。こ、こ、これが、おいっすぃっ・・・!!こだわりのお米を日本製炊飯器で炊いたご飯も非常に美味しく、ついついおかわりをしてしまいました。そのうち、自分でも作ってみたいです。

くつろいだ雰囲気で話も盛り上がり、あっという間においとまする時間に・・・。しみじみと満足したひとときでした♪
[PR]
by bancho55a | 2009-02-21 00:00 | 07.9- イギリス生活 UK

ビザキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

「取れないかも」「強制送還かも」と、必要以上に騒いで落ち込んでいた番長のもとに、やっとビザが届きました(^O^)

深夜に帰宅すると、部屋の前に大きな封筒が。あわててビリビリと開けると、ホームオフィスからのレターと、返却された重要書類(卒業証書とか)と、パスポートちゃんが。これまたあわててパスポートを猛スピードでめくると、おお~、ビ・ザ♪

これであと1年・・・

あれっ!?

あれれっ!!??

なんだとおおおおーーーっ!(怒)

申請後3週間、やっと届いたビザ。当然、その日付から1年間有効、、、と思いきや、なんと、前のビザが切れた1月末の日付から1年間になっている。つまり、正確には11ヵ月と1.5週間しか期間がない。

なんてケチなのっ!!おまいらの仕事が遅いからこんなに待たされて、今度は期間短縮かよ!

と、通りすがりのハウスメイトのヒューバートにひとしきり文句をぶちまけた番長であった。ヒューバート、深夜にとんだとばっちり。

ま、ともあれ無事に延長できてほっとしました。これで海外旅行に行けるわ!

・・・じゃなくて、今まで買い控えてた生活必需品ストック(米とか水とか)買えるわ!(←却下だと2週間以内に強制帰国なので、万一のことを考えると買物する気になれなかったの。)

・・・じゃなくて、今度こそ本格的に仕事探さないと。しかし、最近ますます冷え込んできた英国の雇用市場。本当に仕事あるんかいな・・・。最近番長に来た話・・・有名大手日系企業の社長秘書で時給1400円ですよ。ポンド安とはいえ、ひどくない?でも、それさえ応募者殺到で狭き門のはず。んー、番長も殺到するべき?でもこの時給なら、NGOの仕事探した方がやりがいあるよな・・・でもそれがまた、狭き門なのだ。競争相手はイギリス人だし。むむ、、、ジレンマです。
[PR]
by bancho55a | 2009-02-19 00:00 | 07.9- イギリス生活 UK

ああ無情

ミュージカル「レ・ミゼラブル」を観てきました。
e0018350_5324859.jpg

1年ほど前、初めてぼけりんさんと観に行って(チケットはお兄様におごって頂きました!感謝です)、かなり感動したので、珍しく2回目を。(一度観たお芝居は観ない主義・・・他に観たいのたくさんあるので)

今回も感動でした。

席は前から5列目という、超良い席。役者の表情もよく見えて良かったです。しかし、イギリス人男性ってブサイクしかいないと思ってたけど、あんなに美男がいるとは!アンジョルラス役の人がかっこよかったです。

他の出演者も演技も歌もうまくてよかった。でもいつもコゼットがスレてて気に入らないのはなぜだろう。片思いのまま死んでしまうエポニーヌに思い入れしすぎかしら。

テーマ曲(?)の、「民衆の歌」を聴くと血湧き肉踊りますね。やっぱフランスって人権大国だね。って感じの歌。これ聴くとやる気が湧いてきます。革命起こしたい。

しかし、他のミュージカルより断然良いですね・・・失礼でエラそうな言い方をすれば、「格が違う」というか・・・。観終わった後に、深い満足感が得られるミュージカルだと思います。
[PR]
by bancho55a | 2009-02-18 00:00 | 07.9- イギリス生活 UK

ウィンザーを歩く

みなさ~ん、2/14といえば、バレンタインじゃないですかぁ~♪

・・・で、何の予定もない番長は、ぼけりんさんとウィンザーにウォーキングに出かけました。
実はこの日、ちょうどいつものウォーキングの会の予定があったのです。

ウィンザー。といえば、ロンドン郊外。といえば、いつでも行ける場所。というわけで、今まで行ったことがありませんでした。そんなもんですよね。

見ものは女王陛下のお気に入り、ウィンザー城だけかと思いましたが、町自体がとてもきれい!高級感あふれる!警官までイケメン!女王陛下のお膝元だから、露骨にお金かけてるでしょ、でしょ。

城内には入らなかったのですが、チラッと・・・広~いです。
e0018350_41312.jpg

周辺には、古~い、ジョージ王時代のポストもあります(青い方。現在は使われておりません)。
e0018350_412530.jpg

ひどく傾いた家もあります。
e0018350_414346.jpg

そしてイートン校へ。そう、あの有名な、上流階級御用達のパブリック・スクール。私立のくせに「パブリック」とはこれいかに。自分で説明するのは面倒なのでウィキペディアをご覧下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB
「私立であるのに公共を意味する「パブリック」と称するのは、高額な費用さえ用意できれば志願者を拒まない方針、また出身地や居住地を問わず生徒を受け入れるためである。」

どうです、この、ひねったイヤラシサ。イギリス臭、ぷんぷんでしょ。
ちなみに、その昔、上流階級の教育はすべて自宅に教師を呼んで行われていたので、こういう「皆が集まる学校」は、「パブリック」と呼ばれるようになった、という説もあります。

今日は三者面談の日だそうで(ウソです。でもそーいうっぽいの。「F Parents' Meeting」ってナニ?)、いかにもお育ちの良さそうな紅顔の美少年たちが、燕尾服みたいなのを着て、中に吸い込まれていくのであった。ちなみに、一般人立ち入り禁止です。ケッ。

この先、一生知り合わなさそうな高貴な顔のボク達をジロジロと凝視した後(ちょっとやりすぎました。ヤツラ、番長のガン見にビビってました。)、ウォーキングを続行。テムズ川沿いのどろんこ道を歩き、メイデンヘッドに向かいます。
e0018350_423642.jpg

たくさん歩いてお腹がすいたところで、美味しいと評判のHinds Headというパブ?レストランへ。中に入ると、うわ~、見事にカップルばかり。ああ、そうだった今日はバレンタイン。周囲のロマンチックな雰囲気をものともせず、昼からビールのパイントグラスを空ける番長であった。

オーダーしたのは、白身魚の燻製と、ムール貝と、巨大な鴨の卵。美味しかったです♪
e0018350_4292.jpg

そこからまたテクテクと歩き、メイデンヘッドに到着し、解散。それからハロッズ見学にでかけ(高いので見学だけね♪)、夕食を・・・と思うが、脳裏によみがえる、ランチ時の甘~い雰囲気。きっとどこも一杯よね、と、なるべく混んでなさそうなチープなレストランを・・・→→、大好きなベトナム料理へ。数年前、「安いレストラン」大賞をとった(←堂々と「Best cheap eats」って・・・店として喜ぶべきか・・・?)、Song Queへ。いやマジうまいです。

今日はウィンザーで歩いて、ハロッズで歩いて、このレストランはバスで行こうとしたら工事中でバス停閉鎖でやはり歩く羽目になり、ゆうに1ヵ月分は歩いた日でした。ふえ~。
[PR]
by bancho55a | 2009-02-14 00:00 | 07.9- イギリス生活 UK

マンマ・ミーア!

ぼけりんさんと、ミュージカル「マンマ・ミーア!」を観てきました。
e0018350_3373661.jpg

イギリスでは大人気で、映画も公開されたし、アバのベスト盤は十何年ぶり?にヒットチャートの1位になるし、これは観に行かないと、とずっと思っていたのです。

アバは、その昔私のアイドルだったのです~、英語もろくに分からない頃に、辞書引きながら一生懸命、歌詞覚えたんです~、と、同僚に言ったら、

「番長さんって・・・ヘビメタじゃなかった?」

あ。

番長「ちなみに、中学の時にはオフコースの熱烈なファンで・・・」
同僚「私、もう、番長さんという人が分からない。」

はい、人格分裂症でございます。

さて、ミュージカル。

「こんなオモロイもんだったとは!」

ほぼ全曲知ってるし、そのほとんど歌えるし。三つ子の魂百まで。若い頃に覚えたモンって、忘れないんですなぁ。

他の観客も、一緒に歌うし、最後は立ち上がって一緒に踊るし、大騒ぎで本当に楽しかった。ストーリー自体はたいへんクダラナイのですが、まあ誰もストーリーにゃ期待してないから。

席は前から10列目くらいで、約55ポンド。昔は13000円だったが円高の今では7000円。いい時代になりました。お芝居はやっぱり、高くても前の方の席で観ないとアカンですな。
[PR]
by bancho55a | 2009-02-11 00:00 | 07.9- イギリス生活 UK

雪は悪事を明るみに出す

先週、雪が降った時の話ですが。

翌朝、庭を見ると・・・
e0018350_2243868.jpg

・・・と、この写真じゃ小さくてわからんのですが、

庭を縦横無尽に駆け回る足跡

・・・。

夜中に庭から「ガリガリガリ」「ギエェェーーー!」と、すさまじい叫び声と引っ掻く音がこだまする我が家なのですが、ああ、これだけ我が物顔に荒らされてりゃね・・・。

もちろん犯人はミスター・フォックスです。(またはそのケンカ相手のリスかデブ猫)
[PR]
by bancho55a | 2009-02-10 00:00 | 07.9- イギリス生活 UK