番長が旅した37ヵ国の旅行記など。ほとんど一人旅。3年半のイギリス滞在を終え、2010年2月に日本に帰ってきました。


by bancho55a

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
07.9- イギリス生活 UK
10.1-2 モロッコ・エジプト
09.12 ハンガリー
09.11 トルコ・ギリシャ
09.3 ダブリン
08.12 プラハ
08.11 クロアチア
08.10 リヨン
08.08 チューリッヒ
08.6 アムステルダム
08.6 バルセロナ Barcelona
08.5 ベルギー Belgium
06.9-07.9 イギリス留学UK
07.10 マルタ島 Malta
05.11 イギリス UK
05.6 北欧 Scandinavia
05.1 Jamaica&Cuba
04.8 コスタリカCosta Rica
04.6 イギリス UK
03.11 スペイン Spain
03.5 韓国 South Korea
海外旅行履歴
国内旅行
お祭り
未分類

マイリンク

以前の記事

2011年 01月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 01月
2004年 08月
2004年 06月
2003年 11月
2003年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

深川八幡祭

8/13-15は深川八幡祭り。佃と同じく3年に一度の大祭で、8/14(日)が一番盛り上がると聞いて、また血が騒いでしまった。自転車で行くには暑すぎるので、地下鉄で見に行く。別の予定があって10分ほどしか見られなかったが、清澄通りと永代通りが全面通行止めになり、その中を神輿が次々にやってくる様は圧巻だった。ここは佃と違い、昔ながらの「わっしょい、わっしょい」の掛け声の担ぎ方。ちなみに、56もの神輿が出たそうだ。月島在住の身としては、つい佃を贔屓したくなるけど、残念ながら佃の10倍くらいすごかった・・・人出も、盛り上がりも。水のかけ方も。特にびっくりしたのが、神輿の「差し上げ」だけでなく、「舞い上げ」、つまり、宙に放り投げて、落ちてくる神輿を受け止めること。これには見物人も大喝采。富岡八幡の前では、トラックの荷台に5人くらい男の人が乗って、一斉にバケツの水を浴びせかける。滝のようだ。スケールでかっ!猛暑に耐え切れず早々に退散したが、3年後にはぜひまた見に来たい。
e0018350_11583322.jpg


夜は世界陸上の女子マラソンをぼーっと見る。ヘルシンキ、懐かしいなあ・・・。まだ2ヶ月もたっていないけど、すごく昔のことのようだ。でも整然とした街並みや緑あふれる公園を見ていると、美しかった風景や、一人旅の珍道中がだんだんと思い出されてきて楽しい。冷凍保存されていた思い出が、夏の暑さでじわじわ解凍されてくるようだ。
[PR]
by bancho55a | 2005-08-14 00:00 | お祭り

東京湾華火大祭

今年の東京湾華火大祭は8/13(土)。

番長の家は勝どき寄りなので、本来は絶景・・・のはずなのに、部屋から花火は見えない。ので、知人の家で鑑賞することに。しかも2軒をはしご。最初の家は昨年まで同じ会社だったSさんのお宅。昨年新築のタワーマンション41階、素晴らしい!まさに目の前に広がる東京湾、レインボーブリッジ、お台場、、、東京タワーまで見えてしまう絶好のロケーションだ。う、うらやましいいい。。。花火は目の前で次々と打ち上げられる。ビールにおつまみに、なんて優雅な鑑賞会でしょうか。Sさんは数ヶ月ぶりだけど、お元気そう。他にも数ヶ月ぶりにTさんと再会。今の生活を満喫されている感じでうらやましい。こんな生活が理想だけど・・・現実は厳しいなあ。

2軒目は車で5分もしない距離なので、うっかりタクシーを拾ってしまった。当然、後悔することになる。20分位かかった。でも、車中から見る花火もなかなか。道端に座り込んだ人達が、全員同じ方向を見て、同じように口を開けて鑑賞中。それを見るのがまた楽しい。

やっと2軒目に到着。大学時代の同級生、Cさん宅。彼女の家もタワーマンションの37階。花火会場からはやや遠ざかるが、こちらもやはり絶景。私の家から徒歩10分弱の所なのに、この違いは・・・ああ、つい寂寥感が漂ってしまう。会社帰りにこのマンションを見上げては「夜空に映える、美しいマンションだなー」なんて思ってたけど、まさか彼女がここに住んでるとは。つい先日まで知らなかった。彼女は、私が沖縄に住んでいた時も重なっていたし、今もご近所さんだし、微妙にリンクするのが面白い。またいつかどこかでリンクするだろうか?・・・実はCさん、来週から海外赴任なのだ。ということで、同級生会になった。初めて会ってからもう20年になるが、皆、変わらない。でもそれぞれに頑張っている感が伝わってきて、私も頑張ろう、なんて思うのであった。
e0018350_1156257.jpge0018350_11561546.jpg

e0018350_1227379.jpge0018350_122746100.jpg

[PR]
by bancho55a | 2005-08-13 00:00 | お祭り

住吉神社例大祭2005 その2

8/7(日)
<宮神輿の宮出し>
朝5:30に起きる。番長にしては奇跡的な時間だ。(まあ、どうせ6時に太鼓で起こされるが・・。)6:30には宮神輿の宮出しが始まるので、大急ぎ。でも間に合わなかった。っていうか、6:30自体がガセっぽい。早朝なのに、既に強烈な数の人、人、人・・・。月島地区はシーーーーーンとしていたのに、佃はさすがに賑やかだ。宮神輿は、佃独特の、静かな練り歩き。何と言っているのかよく分からないが、「ラー」みたいな、低く長く伸ばす声と共に進んでいく。別のウンチクおじさんによると、これは、江戸時代からの伝統を守っているらしい。「ソイヤ、ソイヤ」も好きだが、この佃方式は、ちょっと神秘的で、こっちの方が好きかも。沖縄の、平敷屋(だったか?)の念仏系エイサーっぽい雰囲気。要所要所で「サセ、サセ」と、高く差し上げる、静と動の緩急がまたかっこいい。でも、後で勝どき地区で見た時は、「ソイヤ、ソイヤ」になっていた。あらら。担ぎ手が違うからか。e0018350_15571417.jpge0018350_1556233.jpg

e0018350_1555517.jpg

佃の町中には、大幟が何本も立っていてかっこいい。聖路加タワーとのコントラストも面白い。あ、でも裏側から撮ってしまった。早朝の神社はすがすがしい雰囲気だ。神主さん(?)の淡いグリーンの着物がさらに清々しい。
e0018350_15562933.jpge0018350_15564785.jpg

<船渡御>
8時に両親が遊びに来る。住吉神社から出る、船渡御を見に来たのだ。宮神輿を乗せた船はすごいスピードで隅田川を下り、勝鬨橋をくぐっていく。
e0018350_155923100.jpge0018350_15593330.jpg

もう追いかけられない。新島橋辺りでギブアップし、バスで佃に戻る。佃の町をぶらぶら歩く。おお、宮神輿が戻ってきた。おひねりが雨あられのように飛んでくる。かっこええーー!!やっぱ宮神輿は佃地区で見ないとなー。

<月島へ>
その後、月島の町に戻ると、西仲通りで神輿が盛り上がっている。またもや水浸しになってしまうのだった。両親も東京生まれ(惜しくも下町をはずれたが)なので、血が騒いでる様子。やがて、午前の部終了。
e0018350_1558684.jpg


午後はまた神輿漬けの時間を送る。なにせ、自宅にいても笛太鼓や威勢のいい掛け声が聞こえてくるから、ついベランダから下を覗くと、まさに最高潮に盛り上がっているのだ。たまらず、外に飛び出してしまう。
e0018350_15583145.jpge0018350_15585339.jpg
e0018350_15584486.jpg

2日間ともこんな調子で終わってしまった。今回の祭を経験して、ますます月島が好きになった、というか、「自分の町だ」という愛情が湧いてきた。これまでと違って、両足をしっかり地に付けて歩いていける感じがする。これからヒマな時はぶらぶら町歩きしてみよう。また新しい発見がありそうだ。
[PR]
by bancho55a | 2005-08-07 00:00 | お祭り

住吉神社例大祭2005 その1

8/5-8は、佃・住吉神社の例大祭。
今年は3年に1度の大きなお祭りで、月島在住の番長は江戸っ子(もどき)の血が騒ぎます。チムワサワサやっさー!(なぜか沖縄言葉)
お店やマンションの入口には、早くから「御祭禮」の提灯が灯されてて良い感じ。町中のそこかしこに、祭礼仮事務所(?)もできててわくわくする。e0018350_15433862.jpge0018350_15434824.jpg

8/6(土)
<祭りの始まり>
朝の6時(!)に、太鼓の音で起こされる。トラックに太鼓を乗せ、町中を走り回るので、誰でも起きてしまう。しつこく二度寝した後、9時頃、騒がしさで目が覚めると、もうすでにお祭りが始まっていた。新聞を取りに行き、そのままつられてフラフラと外に出ると、まさに神輿がやって来る所だ!アドレナリン上昇!思わず追いかけて行ってしまう。いくつもの神輿が清澄通りを移動中。うちの地区、「月四」の神輿ももうすぐスタート。後ろの神輿は「負けるな負けるなー!」とケンカ腰。揃いの法被を着た担ぎ手達が清澄通りを直進する。当然、交通は大渋滞。バスもバス停に止まれず、道の真ん中で停車、乗降ドアが開く。バス停で待っていた人達が急いで走って行く。すげーなー。e0018350_15451987.jpge0018350_15453835.jpg

この祭りは、東京でも随一の「水かけ祭り」らしく、担ぎ手にも、神輿にも、容赦なく水がかけられる。バケツで。ホースで。しまいには、こんな強烈なもんで・・・e0018350_15471626.jpge0018350_15472524.jpg

ポリバケツ半杯の水を頭からかぶせられる人もいた。ひえ~~。水をかける祭は、深川と佃だけらしく、神輿の傷みもそれだけ早いわけだが、そんなこと気にしちゃいないのが江戸っ子気質である。他の地域から「ご神体に水なんかかけて・・・」と眉をひそめられることもあるそうだが、佃は佃で、「彫り物した奴がご神体(神輿)の上に登る方がよっぽど驚きでえ」と負けちゃいない。

神輿は、住吉神社の宮神輿を始め、佃1、2、3、月島1、2、3、4、勝どき、晴海の各地区にあり、それぞれ普通の神輿、女神輿、子供神輿と3種類あるので、単純計算でも30近く、膨大な数の神輿が町中を練りあるくことになる。実際、ちょっと町中を歩くと、太鼓や笛の音と共に、威勢の良い「ソイヤ、ソイヤ」の掛け声を伴って、あちこちで神輿にぶつかる。た、楽しい~!!もうホントに、血が騒ぐとはこのことだ。そして早朝からフンドシ姿の男が町中をフツーに歩いている。普段だったら「キャーっ、変態!」と通報してしまうとこだが、祭りの期間中は違う。うっとり見つめてしまう。犬たちも、お揃いの布(金太郎とかが着てるやつ)や、住吉さんの手拭なんかを着せてもらって楽しそう。
e0018350_1548280.jpg


各地区の神輿が一段落すると、今度は獅子頭だ。6頭もいる。2頭ずつ3列で練り歩く。
e0018350_15483872.jpg


その後、またお神輿。みんな、よく体力が持つものだ。お神輿の流れとしては、大体30分ほど担ぎ、手拍子で締めた後、30分ほど休憩・・・を繰り返す。お神楽の音楽担当チームの後に、神輿、女神輿、子供神輿と一列になって町中を歩く。
e0018350_15491179.jpge0018350_15491813.jpg
そして、午前、午後それぞれ、大締め(?)が、神輿小屋前で行われる。神輿に対し、拍子木を持った男の人が肩車で向き合い、神輿を高々と持ち上げて、最後は三本締めで終了。これはホントに盛り上がります。e0018350_15493095.jpg

<下町>
神輿を追いかけて町中をぶらつくと、普段は知らなかったいろいろなものを発見する。月島に越してきて2年目だが、まだまだ知らなかったことがたくさん。勝どきに十返舎一九の墓があるとか。佃煮の「天安」にも初めて行った。
e0018350_15501530.jpge0018350_15502680.jpg

そして、お祭りの時期はみんな、家の扉開けっ放しで、家の前にござ敷いてちゃぶ台出して、夜は宴会してる。すげー楽しそう。
e0018350_15505210.jpge0018350_1551652.jpg

ああ、もともとここに住んでたら参加できたのになぁ~、とちょっと寂しくなる。沖縄も、お祭りの時はこんな感じだったし、エイサーも、各地区独自の踊りはあるし、道のど真ん中で、地区同士のエイサーの競い合いはあるし、ワクワクすることに事欠かない。近所づきあいって、普段はわずらわしくて嫌いだけど、こういう時だけは、心から、ああ、やっておけば良かった・・・と思う。

<夜>
夜は8時頃に、住吉神社で宮神輿の神霊入れがある。行ってみると、神社の境内は真っ暗。暗さと人込みで殆ど何も見えないが、神輿を中心に、人の動く気配がする。暗い中、白いさらしが神輿に巻かれていくのがはっきり見える。荘厳な雰囲気だ。古い歴史を持つ神社の後方に、リバーシティの高層マンション群がそびえる。不思議な光景だ。
e0018350_1552332.jpg


儀式が終了したところで、明かりが点き、無形文化財のお神楽が始まる。
e0018350_15522439.jpg


神輿を見学し、神社にお参りし、外へ。佃小橋にはお神楽の生演奏や、夜店が並んでにぎやかだ。
e0018350_15523747.jpg



神輿の前では、深川から来たという江戸っ子のおじいさんがウンチクを傾け中。お祭りの歴史や、神輿のディテールなんかについて話していて、なかなか面白い。半時ほど聞き入ってしまった。自分の祖父母を思い出す。雰囲気とか、「ひ」と「し」の区別がつかないしゃべり方とか・・・。もう故人だから会えないけど、懐かしいなあ・・・。
[PR]
by bancho55a | 2005-08-06 00:00 | お祭り