番長が旅した37ヵ国の旅行記など。ほとんど一人旅。3年半のイギリス滞在を終え、2010年2月に日本に帰ってきました。


by bancho55a

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
07.9- イギリス生活 UK
10.1-2 モロッコ・エジプト
09.12 ハンガリー
09.11 トルコ・ギリシャ
09.3 ダブリン
08.12 プラハ
08.11 クロアチア
08.10 リヨン
08.08 チューリッヒ
08.6 アムステルダム
08.6 バルセロナ Barcelona
08.5 ベルギー Belgium
06.9-07.9 イギリス留学UK
07.10 マルタ島 Malta
05.11 イギリス UK
05.6 北欧 Scandinavia
05.1 Jamaica&Cuba
04.8 コスタリカCosta Rica
04.6 イギリス UK
03.11 スペイン Spain
03.5 韓国 South Korea
海外旅行履歴
国内旅行
お祭り
未分類

マイリンク

以前の記事

2011年 01月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 01月
2004年 08月
2004年 06月
2003年 11月
2003年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:08.10 リヨン( 2 )

リヨン旅行2日目

2日目は朝から良いお天気。今回のホテルはヒルトンで、巨大なコンベンションセンターの一角にある。赤レンガ(表面にテラコッタを貼ってある)で統一された、河岸に沿ってカーブを描く、美しいビル群はなかなか素敵です。これは部屋からの眺め。
e0018350_6334864.jpg

エグゼクティブフロアの朝ごはんは、窓際でローヌ川を見下ろしながら食事できるので、なかなか良い感じ。量は「ちょっぴり」・・・だったけど、嬉しかったのはソーセージ!

「あーーー小麦粉でごまかしてないソーセージ、これだよ、これがソーセージってもんだよ!シャウエッセンだよ!(←違)」

イギリスのスーパーを探しても、ドイツ風の肉々しいソーセージに会ったことがないんですが、それは番長が安いスーパー御用達のせい??イギリスのソーセージは小麦粉たっぷりで、とっても美味しくない!のです。

リヨンは美食で有名な街。否が応でも高まるじゃないですか、期待。

さて、街に出かける。ローヌ川にそってひたすら40分くらい歩くと、おお、リヨンの中心街が見えてきた。さあ、セレブなあたくしにふさわしく、リヨン美術館にでも行こうかしら。こんにちは、受付のおばさん、切符を買いたいんですが。

「○×△※・・・!!」

・・・・。

セレブはフランス語が分からないのよね。

といっても、おばさんも英語が全くしゃべれないようで、必死の身振り手振りの後、どうやら今はお昼休みで閉まる時間だと・・・。

くそーーーっ!どこの国にランチでクローズする美術館があるよっ!(ベルギーもそうだったかも)

ということで、優雅に美術館を後にしたのだが、

(こ、困った・・・!)

実は美術館に来たもうひとつの理由、それは・・・

(といれ~~!)

セレブがビロウな話で非常に申し訳ないが、急にお腹がイタタ・・・は、はやく何とかせねば!あっ!あそこに国鉄の駅が!!

鬼の形相でダッシュし、駅に駆け込むが、どうも様子がおかしい。

シーン・・・。

静まり返ったフロア、無人の窓口、いったい何十年前?の、さび付いた車体の電車たち。

「廃駅・・・!?」

謎めいた駅舎をうろついたり、事務所を覗き込んだりするが、やはり人の気配がない。このミステリーに浸ってみたい気もしたが、それよりも差し迫った問題があるので、そのまま小走りに駅を後にした。

・・・えーっと、、、これはちっとも旅行記ではないではないか。

ということで、仕方なく近くのカフェに入り、コーヒーを頼んでトイレに直行。

ふぅ~。ま、気を取り直して。

さて、まずはちょっと旧市街を散策。ここは古い町並みが残る、世界遺産なのだそうだ。
e0018350_6315790.jpg

12世紀のサン・ジャン大司教教会を見て、
e0018350_6341853.jpg

リヨン生まれのサン・テグジュペリの像なんかも見たりして(ちなみにリヨンの空港名にもなってます)、
e0018350_6344471.jpg

ケーブルカーでフルイヴェールの丘のに上ります。そこには白亜のノートルダム・ド・フルヴィエールバジリカ聖堂が。
e0018350_635184.jpg

丘の上からリヨンの街を眺めます。
e0018350_6352369.jpg

それから下界へ。念願の美術館に行きましたが、それほどめぼしい物はなかった。あ、食堂にあるデュフィの巨大な絵は良かったかも。

そろそろ晩御飯の時間。レストランが立ち並ぶMerciere通りの中ほどにある、あるレストランに入ったのですが、ここが美味い~!ああでも名前忘れたっ!!
他のレストランと比べ、地元客で超満員、といった感じのところでした。

まずは、オニオンスープ♪
e0018350_6353968.jpg

ちょーーーうめーーー。お次は、やはりリヨン名物のクネル(魚のすり身をゆでてスフレ状に焼いたもの、だそうです。地球の歩き方によると)
e0018350_6355531.jpg

これがねー、最初は「なんだ、ハンペンじゃん。」と思ったのですが、違う違う!ソースが本当に美味しいのだ。もう、皿なめようかと本気で悩みました。

そしてデザートはチョコとオレンジのクレープ。
e0018350_6361386.jpg

これだけ食べて、ワインとコーヒー飲んで、30ユーロ(4000円)以下!これは感動でした。

リヨンはポール・ボキューズなんかの高級レストランで有名だけど、もちろんそんなとこ行く金もないので、食に関してはちょっとあきらめてたんだが、どうしてどうして!こんな庶民的なレストランが本当に美味しくて、嬉しかったです。

帰りはまた川岸を、夜景を見ながらホテルに帰る。
e0018350_6362762.jpg

e0018350_6365879.jpg

久しぶりに美味しいものを食べられて、とっても満足した一日でした。
[PR]
by bancho55a | 2008-10-25 00:00 | 08.10 リヨン

リヨン旅行

土日も仕事するのはやはりストレスたまるかと思い、先週末は思い切って仕事をやめて、フランスのリヨンに、小旅行に行ってきました。

金曜日の仕事後にオフィスを出て空港へ、といういつものパターン。リヨン空港に到着したのは夜の11:25。街に出る最終バスは11:40と聞いていたので、さあ、急げ、急げ!

とにかく早足で&走ってイミグレを抜け、外へ・・・出ると、

「ありゃりゃっ!?」

ターミナルを出たすぐ前がバス乗場、ターミナル内のカウンターでチケットを買って乗る、と聞いていたのですが、バス乗場もカウンターも何もない。暗闇の中、見るからに工事中の、細い道があるのみ。もちろんタクシー乗場も何もあらへん。

周りを見ても、同じ飛行機に乗っていたのは明らかに地元民ばかりらしく、みんな、「家族の車が迎えに来るのを待ってる」風。確かに、こんな深夜に旅行客もそういないわな。

やべーやべーと思いつつ、親切そうな女の子に聞いてみる。

「街へ行くバス、バス、バス乗場はどこ?」

フランス人はあまり英語話さないけど、バスバス言ってりゃ通じるだろう、と思ったが、彼女はなかなか流暢だった。

「さあ・・・分からないわ。でも、この細い道をずっとあっちに歩いていった先のターミナルで聞いてみたら?」

別のターミナル?

振り返って現在のターミナル番号を見ると、「3」と書いてある。

「聞いたことねーぞっ!!」

ガイドブックにも、リヨン空港のターミナルは1と2だけだって書いてあるし、フライト情報にも「ターミナル1に到着」って書いてあったじゃんよーーーっ!!

焦ってそっちに走っていくと、おおー、ターミナル1と2、そしてタクシー乗場やバス乗場が出てきた。ほっ。こっちはちゃんと明かりもついている。ただし、カウンターは既に閉まって、空港係員もどこにもいない。

(空港内をぐるぐるしてれば、係員の1人や2人見つかりそうだけど、そんなことしてると終バス出ちゃうしーーー!)

・・・と焦る番長の目の前をスーーーッと通り過ぎていく1台のバス。車体に踊る「Satobus」の文字は・・・

「うぎゃーーーっ終バスだーーーっ!!」

バスは無常にも、番長には目もくれずに去って行った。

落胆しつつ、そこら辺のまた親切そうな人に聞いてみる。

「街へ行くバス、バス、バスはどこに・・・!」

すると、その人はおもむろに、「あれじゃない?」と、別の場所に止まっているバスのところに連れて行ってくれた。

エアポートバスの「Satobus」ではなさそうだが、なるほど、いかにもリヨンの街に行くっぽい。良かったよ~、と乗り込み、運転手から切符購入。Satobusと同じ料金でほっとする。ついでに

「このホテルに一番近くて、タクシーが拾えるような駅ってあります?」

運転手は地図とにらめっこで長々と思案し、やがてパール・デュー駅で降りろと教えてくれた。

30分ほどでパール・デュー駅着。さて、タクシー探そっと。ふつうは、駅前がロータリーになっててタクシー乗り場があったりすんじゃん。

・・・。

なんで駅前、石畳・・・。車の乗り入れ禁止になっとるの・・・

仕方なく大通りに出てみたが、タクシー乗り場はどこにもない。ここでも親切そうな人に聞いてみたけど、知らないと言われる。深夜だから流しのタクシーも走っていない。

ということで、キャリーケースを引きずりつつ、あっちへウロウロ、こっちへウロウロ・・・

深夜0:30に、初めての街で・・・

しかしリヨンはまっっっっっったく、危なくない街でした。そういう不審な番長に目を止める人、ゼロ。まあ、そもそも人自体があんまりいないんだけど。

10分ほどウロウロし続け、駅構内に表示でもあるかと思ってまた駅の方に戻る。

・・・あ、あった。(最初から駅に行きゃよかったんだな、ウン。)

ということで、やっとタクシーを見つけ、ホテルへ。メーター表示は10ユーロちょっと。

運転手「じゃ、13ユーロね。」

なんでよーーーっ!!こういう時は

番「領収書下さい。」

ということで、レシートを見るとなにやらいろいろチェックしてある。
(えーと、大荷物代が100円くらい、駅発着代が200円くらい。あ、正規の追加料金か。オホホ、ケンカ吹っかけなくて良かった♪)

それでもちょっと多いのだが、まあチップってことで(←にしては少ないが。)

とりあえず、無事到着したのでした。翌日は観光です。
[PR]
by bancho55a | 2008-10-24 00:00 | 08.10 リヨン