番長が旅した37ヵ国の旅行記など。ほとんど一人旅。3年半のイギリス滞在を終え、2010年2月に日本に帰ってきました。


by bancho55a

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
07.9- イギリス生活 UK
10.1-2 モロッコ・エジプト
09.12 ハンガリー
09.11 トルコ・ギリシャ
09.3 ダブリン
08.12 プラハ
08.11 クロアチア
08.10 リヨン
08.08 チューリッヒ
08.6 アムステルダム
08.6 バルセロナ Barcelona
08.5 ベルギー Belgium
06.9-07.9 イギリス留学UK
07.10 マルタ島 Malta
05.11 イギリス UK
05.6 北欧 Scandinavia
05.1 Jamaica&Cuba
04.8 コスタリカCosta Rica
04.6 イギリス UK
03.11 スペイン Spain
03.5 韓国 South Korea
海外旅行履歴
国内旅行
お祭り
未分類

マイリンク

以前の記事

2011年 01月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 01月
2004年 08月
2004年 06月
2003年 11月
2003年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:08.5 ベルギー Belgium( 1 )

ベルギー旅行

4泊5日で、ブリュッセルに行ってきました。と言っても、実質3日間ですが。ちなみに、これが旅した29ヵ国目になります。

5月23日(金)
仕事が終わった18:30に会社を出て、ヒースロー空港へ。今回はたまたまファースト・クラスのラウンジを利用できたので、束の間のセレブ気分を味わう。・・・飛行機の座席はエコノミーなんだけど(だってマイレージ特典ですもの^^;)

飛行機は20:30発。ブリュッセルまでは1時間ちょっと。時差があるので、23時近くに到着。街の中心近くにある、カフェ・パシフィックというデザインホテルへ。とても小さいので、「ブリュッセルに住んでる」気分になれるホテルです。この日は時間も遅いので、夕食も食べずにバタンキュー(←懐かしいでしょうこの表現)でした。


5月24日(土)
実は、旅立つ前の木曜日に、去年、大学院で一緒の授業を取っていたフォウク(一部の皆さんに熱烈なファンを持つ危険でフレンドリーなドクロ女)から、昔のクラスメート達に、「5月27日からブライトンに行くよ!」とメールが入ったのです。素晴らしいタイミング、なぜならフォウクはベルギー在住のベルギー人なのだ。きっと私の事なんか忘れてるだろうなーと思いつつ、「実は週末にベルギーに行く予定で・・・」とメールしたら、「えー、私はその時オランダに行くんだよ!」とがっかりするメールが。

今日の午前中なら、ブリュッセルの近くの都市、ゲントにいる、ということだったのですが、行けなさそうなので、電話してみることにした。ドキドキ・・・あ、電話がつながった。笑いを含んだ声が返って来る。

「エロー!」

ちゃんとハローと言いなさい、ハローと。
久し振りのフォウクの声。全然変わってない、しゃがれ声だった。「ちょうど今、番長にメール書いてたんだよ!」とのこと。ゲントには行けない、ブリュッセルで会えなくて残念だ、と伝えると、「そうだよねー、私もこっちにいれば、いろいろ案内してあげられたのに・・・そうそう、マトンギに行きなよ!」と言う。

そんな場所はガイドブックに載ってませんが。ホテルの人に聞くと、地図で教えてくれた。アフリカ系の地域だという。フォウクらしいなぁ。

ということで、いざ観光に出かける。ブリュッセルの街は意外と小さく、歩いて回れます。まずはブリュッセルと言えばこれ、グラン・プラスへ。素晴らしい建築に囲まれた広場ですが、事前の期待が大きすぎて、それほどは感動できませんでした・・・。それでも建物は美しい。
e0018350_7183739.jpg

国旗とEU旗を掲げた市庁舎や、
e0018350_7191222.jpg

王の家、
e0018350_719417.jpg

私の大好きなガーゴイルちゃん。
e0018350_720941.jpg

それからてくてくと歩き続け、プチ・サブロン広場で一休み。また歩き出して、エグモン公園のオランジュリーのレストランでランチ。屋外の席では、周りの濃い緑と爽やかな風が、気持ちのコリをほぐしてくれ、すみずみまでのびのびとさせてくれます。

また歩き出し、いよいよマトンギへ。おおー、明らかに、ガラッ!と変わる雰囲気。黒人しかいないエリアでかなり浮いてる番長であった。ちょっと危険な匂いもするが、「お行儀の良い」他のエリアと比べて、ずっと生き生きとして、個性的なエリアでした。うむ、さすがはフォウク。

それから王宮を見て、ブリュッセル公園で一休みして帰る。

一日歩いた疲れがどっと出て、そこからいきなり4時間ぶっ続けで寝てしまった。起きると、外がかなり暗くなってきている。やばい。時計を見ると夜9時半。お腹が空いたので、また外へ。しかし、ラストオーダーの店も多く、困ったなぁ・・・と思っていると、1軒のレストラン?パブ?みたいなところがあった。

とりあえず入り、パスタとビールをオーダーする。ベルギーといえばベルギービール。私が一番好きなビールです。でも、小さなグラスでしか出さないし、ビンも小さいんだよね。「大きいサイズは無いんですか?」と聞くと、店の主人が

「お客さん、覚えときなよ、ベルギービールは小さなボトルで飲まないとダメなんだ。大きなグラスなんかに注いだら、飲み終わる前に泡も香りも消えちゃうじゃないか。もしどこかで大きなボトルを見つけたら・・・そりゃぁ、観光客の為にどっかから輸入したビールだね!」

このご主人、その後もたまに話しかけてくれ、なかなか楽しくて良い人でした。

5月25日(日)
今日のメインイベントは美術館です。王立美術館・・・そこには、私の愛するベルギーの画家達、アンソール、クノップフ、マグリット、デルボーのシュールで神秘的な絵が♪もっと過去のでも、ブリューゲルとか、有名な画家達の良い絵があるのですねー、つい何時間も過ごして堪能してしまいました。

それから植物園があるというので、行ってみたのですが、これはちょっと期待はずれでした・・・。

夜は、ホテルの人にお薦めのレストランを聞くと、「シェ・レオン」に行けとのこと。おお、それって地球の歩き方の最初に出てるやつですな。ということで行ってみる。

ここも外にテーブルを出している。道の両側にレストランが並び、その外に、テーブルが所狭しと、道の奥までどこまでも続いている。暖かい明かりがキラキラして、なぜかちょっと懐かしいような(小さい頃見た、お祭りの夜店のような・・・)、とてもうきうきする光景でした。
e0018350_7211731.jpg

そして、ベルギーといえばムール貝ですね。やっぱ本場は美味しいっ!!ベルギービールと絶妙な取り合わせ!もう、もう、幸せ一杯でした。


5月26日(月)
ベルギーの有名人物、小便小僧を見るのをすっかり忘れていました。

「世界の三大ガッカリ」

というので有名な小便小僧ですが、確かにあまりにも小さく、わざわざ見に行く価値は・・・。

その後、ちょっと通りすがったこぢんまりしたレストランでランチを。ベルギービールに、オニオンスープ、パスタを注文したのですが、このオニオンスープが絶品!!

それにしても、これは皆さん口を揃えて言う事ですが、なんでベルギーの食事って、なんでもかんでもあんなに美味しいんでしょうね!?「ハズレ」というものが全く無い。ホテルの朝食もすごい美味しいんですよ。ただのパンが、非常に。コーヒーをたのむと、これまたコーヒーをあまり好かない私でもうなるほど美味しいし。ジュースをたのむと、いきなりオレンジを絞ってくれるし。「食」に対する熱い想いがあるのですねー。イギリスから来るとね、ほんと、ここ、天国ですよ。

その後、ベルギーといえば(こればかりだが・・・)、の、チョコレートを購入しに。ノイハウス、ゴディバ、ピエールマルコリーニが並んでるチョコレート通りへ(そんな名前ではないが)。ゴディバはロンドンでも買えるので、取りあえずあとの2軒で買うことにした。ピエールマルコリーニは、日本ではとても買えない値段だけど、ここでは非常に安い!! 詰め合わせの大箱が3000円位(日本なら2-3倍すると思う)。

ノイハウスのチョコは、私、大好きなのです。これまた、量り売りで、200グラムで5ユーロ(800円位)と激安。箱一杯に、トリュフだの何だの20個位詰めてもらって、たったの2000円!これまた、日本では2倍以上しそう。チョコ中毒の番長、大感激です。いい国だー。

それからまた街をあてども無く歩き、また疲れ果てて、今日はホテルの隣のタイ・ベトナムレストランへ。これは残念ながら、いまいちでした。でもスープ(カニとアスパラガス)と、デザートのチョコアイスは絶品でした。

5月27日(火)
今回、26(月)がイギリスの祝日だったので、この4泊5日旅行を決行したのです。そして番長はパートのおばさんなので、会社は午後1時までに行けばOK。というわけで、今日は朝早くホテルを出て、帰るのでした。行きは夜ということもあってタクシーでホテルまで行ったけど、帰りは国鉄で。またもやファースト・クラスのラウンジで、ベルギービールをお持ち帰りする番長(←貧乏根性が抜けない)。

ロンドンに帰り、その足で会社へ。早速おみやげのチョコを配り、自分も食べると・・・

「おいっすぃ~!!」

日本で食べるノイハウスよりも断然美味しい。そうだよな、あれは日本まで空輸してるんだろうからな、こっちの方が新鮮なわけだ。

ベルギーは本当に良いところでした。食事を楽しむだけでも、また行きたいくらいです。ぜひ。
[PR]
by bancho55a | 2008-05-23 00:00 | 08.5 ベルギー Belgium