番長が旅した37ヵ国の旅行記など。ほとんど一人旅。3年半のイギリス滞在を終え、2010年2月に日本に帰ってきました。


by bancho55a

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
07.9- イギリス生活 UK
10.1-2 モロッコ・エジプト
09.12 ハンガリー
09.11 トルコ・ギリシャ
09.3 ダブリン
08.12 プラハ
08.11 クロアチア
08.10 リヨン
08.08 チューリッヒ
08.6 アムステルダム
08.6 バルセロナ Barcelona
08.5 ベルギー Belgium
06.9-07.9 イギリス留学UK
07.10 マルタ島 Malta
05.11 イギリス UK
05.6 北欧 Scandinavia
05.1 Jamaica&Cuba
04.8 コスタリカCosta Rica
04.6 イギリス UK
03.11 スペイン Spain
03.5 韓国 South Korea
海外旅行履歴
国内旅行
お祭り
未分類

マイリンク

以前の記事

2011年 01月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 01月
2004年 08月
2004年 06月
2003年 11月
2003年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

リッチモンド・パーク・ウォーキング・ツアー

今日は、日本人ウォーキング・グループのツアーの日。ブルーベル鉄道、ケントに続いて3回目の参加です。行き先はロンドン市内、リッチモンド・パーク。手軽に行ける割には、100ヘクタールもある巨大公園で、鹿もいるとのこと。かなり期待できます。

「手軽に行ける」リッチモンド。私の家からは国鉄でヴィクトリア駅に出て、そこから地下鉄で30分ほど。ドアツードアで1時間あればOKだったのですが、前回、クリスと参加した時に電車の接続が悪く、皆さんを20分近くお待たせしてしまったので、今回はかなり早めに家を出てみました。

さて、地下鉄のホームで電車を待つ。このホームには「リッチモンド方面」とちゃんと書いてあるけど、ま、ヒマだし、念のため駅員さんに聞いてみようっと。

番「リッチモンドへはこのホームで大丈夫ですか?」
駅「リッチモンドへの電車はありません。」

どうゆーことやーーーっ!!

番「ど、どど、どっどどうすれば」
駅「次の××行きの電車でハマースミスで降り、バスで行って下さい」

ザザーーーッ。(血の引く音)

マジかよーー。慌てて言われた通り、ハマースミスに行き、バス・ターミナルでリッチモンド方面を探す。4路線もあるけど、バス停が3つに分かれていて、ど、ど、どれが一番先に来るのやら・・・

何とか次のバスを見つけて乗り込む。でもこっちのバスって、「次は~、リッチモンド~、リッチモンドでございます」なんていうアナウンスが無いから不安。停留所にも、日本みたいに親切に次の停留所名が書いてあるわけでもない。ま、リッチモンドみたいな大きな街ならみんな降りるだろうという淡い期待を胸に乗っていると、30分ほどして、いかにも街がリッチモンドらしくなってきた(注:根拠ゼロ)。

とあるバス停で、ゾロゾロと降りる人々。うーん、どう見てもリッチモンド的な人の量だ(根拠ゼロ)。しかしバス停の名前を見ると、「ナントカ通り」としか書いていない。ど・・・どうしよう・・・。一瞬迷ったが、えーい!と降りてしまった。

しかし、周りを見回しても駅らしきものは見えず。やばい、まだ先だったか・・・と思いつつ、近くをうろついていると、「リッチモンド駅はこっち」の標識発見。そこから2分ほど歩いた所でした。するとやはり、あのバス停で正しかったのか。うーむ、やはりシロウトに優しくないぞロンドンのバス。

ところで、バスに乗っている途中、主催者のTさんから電話があった。

「あ、番長さんですか?実は私も電車が無いのを知らず、今、バスの中なんです。ちょっと遅れてしまうかと思いますが、駅でお待ち頂けますか?」

ということで、駅に着いたのは集合時間5分過ぎだったけど、日本人の姿は見えず。そして、ホームはすべて封鎖されている。

(リッチモンド駅が封鎖されてるなんて事前情報、あったかな・・・?)

と不思議に思いながら、やる事もないのでぼんやりと券売機とか眺めていると、お知らせの紙が貼ってある。

「Overnight vandalismにより、駅は封鎖されています」

どうやら、夜のうちに何かの破壊行為を受けたため、急遽封鎖したらしい。しかし・・・リッチモンドみたいな高級住宅街でそんなことがあるなんて・・・いったいどうしたロンドン!?

待つこと10分ほど、日本人達がちらほら現れ始めた。Tさんも間もなく現れるが、まだまだバスで向っている人も多いらしい。取りあえずそこで15分ほど待ったが、このままずっと待つのも・・・ということで、日本人女性4名+道を知ってるマルコムさんで、先に行ってることにした。Tさんは残りの人と、別の短縮ルートで向うとのこと。

というわけで、駅を出て歩き出す。しかし、リッチモンドは本当に高級住宅街なのであった。グループの人々と「素敵~、この辺に住みたいねー」「でも、ここじゃ、フラットシェアなんてやってないわよ、きっと1軒単位の賃貸よー」「月50万以上するんじゃない?」などとヒソヒソ話。

おしゃれな家並みが続きますが、なんと、こんな風に使われなくなった教会をアパートに改造することもあるらしい。素敵なんですけど、・・・宗教的にいいわけ?それ?
e0018350_22442188.jpg

そしてリッチモンド・パーク内へ。石楠花のアーチをくぐりぬけ、ほの暗い潅木の中を進んでいく。
e0018350_22443847.jpg

季節は秋、相変わらずありましたよキノコ。こちらは食用だそうで、マルコムさん、ホクホク顔で採取。
e0018350_22445372.jpg

丘の上からの眺めを堪能しつつ、鹿公園に入ります。
e0018350_22458100.jpg

ノールの城館で見た時ほどの、胸を衝かれる感動は無いけど、頭数ではこちらの方が多い。広い園内をのびのびと駆け回る鹿の姿はやはり美しいです。
e0018350_22452522.jpg

e0018350_22454014.jpg

途中で後発隊も追いつき、総勢10名で近くのイタリアンで食事した後、引き続きウィンブルドン方面へと歩き出す。

山登りと違って、ウォーキングは歩きながらいろいろと話せるのも楽しい。しかしいつでもどこでも、日本人が集まると絶対始まる会話がこれ。

「あなたの現在のビザは?」

イギリス在住の日本人にとって、これって本当に切実な問題なんです。

こういうところに集まる人は、基本的に私のように、こちらで仕事を見つけた、という人が多い。日本の会社から派遣されたという人もちらほらいるけど、絶対いないのが「駐在人妻」。ま、駐在員の奥様方は、ウォーキングなんてものに興味を持たないんでしょう。高級レストランを楽しんだり、美術やお紅茶のお勉強をしたり、なんていう高級な趣味を持つ方が多いと思われる(はい、思いっきりヒガミです!私も高いお金払って○○巡りとかに参加してみたいよー、高級レストランやアフタヌーン・ティーのハシゴしてみたいよー。きっと一生ムリ。)

イギリス人と結婚して婚姻ビザを持ってる人や、5年以上在住して永住権を持っている人なんかは、皆からうらやましがられる。ま、誰と比べても一番弱くて使えないビザ保有者は断トツで私なんだけど、他の人も必ずしも安心ではないようだ。

Aさん「私は日本の本社から出向で来ているんです。」
番「いいですねー、じゃあ、ビザの不安は無いですねー。」
Bさん「ええ、でも、ある日急に『日本に帰れ』って言われたら、そのまま帰らなきゃいけないんです。私のビザは書き換え不可なんで。(雇用者が決まっていて、転職が出来ない。転職した途端にビザの残存期間がゼロになる)」

Bさん「私も日本の本社から派遣ですが、書き換え可能です。しかも5年あります。」
番「最高じゃないですか!今のところに5年いて永住権をもらうのもいいし、万一、その前に日本に帰されそうになったら、他に転職できるじゃないですか!」
Bさん「そうなんですけど・・・でも、移民局の対応が最近、いちだんと厳しくなってるんです。私の友達で、私と同じビザを持っていて、2年目に転職した子がいたんです。そして転職先の会社が移民局にビザ書き換えを申請したら、何と断られちゃったんです!残存期間は残り3年あったのに、転職したがために、一気にゼロですよ?転職先の会社もどうしようもなく、日本に帰るか、別の国に行くか選べと言われて、その子は泣く泣く、別の国で今、働いてるんです・・・私も怖くて、転職なんかできません・・・」

これはかなりショックな話。「別の国」もイギリスとは全く関係なく、私だったら、うーん、そこよりは日本への帰国を選ぶなぁ・・・というような場所だ。

Cさん「私はもう在英20年近くになります。」
番「最高ですね。永住権もあって、しかも超有名企業。言うこと無しですね!もうずっとこちらにいる予定ですか?」
Cさん「そうですね・・・というか、日本に帰る機会を逸してしまったようなもんです。今、日本に帰っても、仕事もない、家も無い・・・。それに、今の会社は確かに安定した有名企業ですが、職種でかなり上下の差があります。私は一般事務なので・・・この先もずっと待遇は変わらないんですよ。」

このCさんは日系企業ではなく、大手外資系勤務。周りに日本人は皆無ということで、良い意味で日本人離れした、サバサバした人だった。そして何と、私の大学時代の同級生、Y子と同じ会社。

Cさん「ああ、Y子さんをご存知なんですか?先日、社内の、日本人の集まりで会いましたよ。彼女はすごく上の役職ですよね。彼女が入ってきた時は、ライバル会社からすごく仕事のできる女性が引き抜かれたって、話題になりました。」

ううーむ、さすがはY子だ・・・。ロンドンで頑張ってる日本人の話を聞くと、とても嬉しくなる。(自分が底辺をさまよってるだけにね^^;)

今日は何となく、Cさんと一緒にいる機会が多かった。お互い干渉しないタイプなので、気が楽かも。そして、「ロンドン在住の40歳以上の会」にもお誘い頂いた。年取ってて良かったよ♪

Cさん「クリスマスのご予定は?」
番「えーっと、ギリギリまで仕事で・・・。あとは予定も無いので、家でぼーっとしてると思います。」
Cさん「私もですよ。こっちのクリスマスは日本のお正月みたいに静かだから、自宅にいるのがいいんです。ちなみに去年は、チキンを買ってきて、中に詰め物をして野菜と一緒にオーブンで焼いて、他にもクリスマスの料理をいろいろ作って、あとは自宅でゆっくりTV見ながら過ごしました。クリスマスの時ってね、良質の番組がたくさんあるんですよ。」

うん、その過ごし方も良いかもしれない。どうせ友達いないし、イギリス人は里帰りしちゃうし、外国人は帰国しちゃうし、交通機関は全てストップするからどこにも行けないし、たまには一人でイギリス料理に挑戦してみるか!?

ハタから見れば「な・・・なんて寂しいクリスマス!?典型的な負け犬ね!」って感じだと思いますが、そして私も、これこそ負け犬の王道だと思うのですが、何かちょっと想像して楽しくなってしまいました。さあ、はたして料理初心者の番長が作る、伝統的なイギリス料理は美味しく仕上がるのでしょうか?クリスマスに乞うご期待!

(注:この時点ではすっかりその気だったのですが、いまは旅行を考えてます。)

ウォーキングの方は、リッチモンド・パークを抜け、ウィンブルドン駅で終了。その後、パブでみんなでビールを飲む。私はTさん、マルコムさんと、イギリス人と結婚して20年近くになるDさんと一緒にいろいろ話した。Dさんによると、同じイギリス人男性のパートナーを持つにしても、相手が少しでも日本語が話せるか、日本に興味があるか、で、だいぶ違うらしい。Dさんのパートナーは日本に住んでいたこともあるし、日本語もかなり話せるようだが、マルコムさんはニホンのニの字も知らないらしい。それだけTさんが、普遍的な魅力的を備えているということなんだろうが、それだけにTさんの苦労も大きいようだ。日本文化にも興味ないし、醤油も嫌いだし・・と、共有するものが少ないのはちょっとつらいところもあるみたい。

ロンドンに住んでる日本人は、みんな個性的で、話していて楽しいです。そして・・・皆さん、いろんな形の苦労をしているようです・・・でも、それがその人の味になってるんですね。
[PR]
by bancho55a | 2007-11-10 00:00 | 07.9- イギリス生活 UK