番長が旅した37ヵ国の旅行記など。ほとんど一人旅。3年半のイギリス滞在を終え、2010年2月に日本に帰ってきました。


by bancho55a

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
07.9- イギリス生活 UK
10.1-2 モロッコ・エジプト
09.12 ハンガリー
09.11 トルコ・ギリシャ
09.3 ダブリン
08.12 プラハ
08.11 クロアチア
08.10 リヨン
08.08 チューリッヒ
08.6 アムステルダム
08.6 バルセロナ Barcelona
08.5 ベルギー Belgium
06.9-07.9 イギリス留学UK
07.10 マルタ島 Malta
05.11 イギリス UK
05.6 北欧 Scandinavia
05.1 Jamaica&Cuba
04.8 コスタリカCosta Rica
04.6 イギリス UK
03.11 スペイン Spain
03.5 韓国 South Korea
海外旅行履歴
国内旅行
お祭り
未分類

マイリンク

以前の記事

2011年 01月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 01月
2004年 08月
2004年 06月
2003年 11月
2003年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

トルコ・ギリシャ旅行~第8日・その1・ギョレメからサフランボルへ

さてと。

4か月ぶりに、トルコ旅行記の続きです。旅行したのはちょうど半年前。番長の小さな脳みそから、既にかなり抜け落ちている記憶ですが・・・ま、ぼちぼち行きますか。

さて、今日はギョレメ村から、次の目的地、サフランボルに出発する日。移動手段は1日1便しかない直行バス。乗り遅れては大変なので、早起きして、食堂に一番乗りです。

バスの出発時間が8時半、で、8時からホテルの朝食をがっつり食べ始める番長もどうかと思うが・・・。

猛牛のような勢いで食べていると、ヨッちゃん(ホテルのスタッフ)が寝ぼけ眼でやって来た。やあ、と手を挙げると、「コーヒーれすか、紅茶?」と、寝起きのろれつの回らない口調で尋ねる。

番「どっちもいらない。あと5分で、バスターミナルに向かわないといけないんだ。」
ヨ「え!それじゃ、送ってくよ。」

ラッキー!その言葉を待っていたよ!(←ずうずうしい)

バスターミナルまでは歩いて15分もかからないのだが、未舗装の道をキャリーケース引いて歩くのが意外に大変なのだ。ありがとうヨッちゃん!

引き続き猛牛の勢いで皿に向かっていると、

「おはよう。ここ、空いてるかしら?」

上から声が降って来た。見上げると、昨日のツアーで一緒だった、オーストラリア人の女性2名。

「あ、空いてますけど、実は私、あと5分で出ちゃうんです。」

すると女性2名は

「あら、じゃ、あっちに行くわ。ここは陽射しが強いから・・・」

そう、番長の向かいの席は、朝の強烈な光がまともに降ってくる場所なのでした。

何とか食事を終え、さっきの女性2人と別れの挨拶を交わし、慌ただしく車で出発。昨夜、チェックアウトを済ませておいて良かったーー!

ヨッちゃん「バスは何時発?」
番長「8時半。」
ヨ「え!それじゃ間に合わないね。うちのホテルにもう一泊するしかないな。」
番「えええーーーっ、ど、どういうこと!?」
ヨ「出発の15分前にターミナルに着いていないといけないんだ。」

そ、そ、そんなこと、一昨日、バスターミナルで切符買った時には何も聞かなかったよー!

番「どうすればいいのよーーーっ!!(怒)」

猛牛の顔の番長を見てヨッちゃんはビビり、

ヨ「ご、ごめん、じ、じょーだんだよぉおぉ」

つまんねえ冗談言うんじゃねえ!

ヨ「あ、でもさ、ついでにもう1泊うちに・・・」
番「泊まんねーよ」

バスターミナルに着き、バス会社のオフィスに行くと、まだバスは来ていないのでここで待てとのこと。良かった、間に合った~♪

番「それじゃあヨッちゃん、本当にどうも有難う、楽しかったよ!」
ヨ「うん、楽しかった。ねえ、本当にサフランボルに行っちゃうの?」
番「うん、でもまたいつかギョレメに来たいな。いいとこだもん。」
ヨ「あ、そう?じゃ、サフランボルの帰りにまた寄ったら?」
番「寄んねーよ!」

「それじゃあ・・・」と、イギリスにいる時のクセで、思わずハグしそうになった番長に、ヨッちゃんは爽やかに右手を差し出した。いけねっ、そうそう、ここはイスラムの国だった。ハグなんかしたら大変なことになっちまう。

ヨッちゃんが去ると、なんとなく間延びした空気が広がった。んー、つまんないなぁ、やっぱギョレメにもう1泊しとけば良かったかな?(笑)

そして、待てど・・・

暮らせど・・・

バスは来ず。

30分近くたって、やっとバス登場。小型のバンで、これで隣町のネヴシェヒルまで行くらしい。そこでバスを乗り換えてアンカラに行き、またバスを乗り換えてサフランボル。「直行」バスというのは名ばかりで、合計3台のバスで1日がかりの移動になってしまうのだ。

ネヴシェヒルはギョレメよりもずっと大きな町で、バスターミナルはとても立派!新築のピカピカのビルで、バス会社のオフィスの他にも、ネットカフェとか、かなり近代的な施設も備えている。えーと、あのバスに乗り換えるのかな?

「コンニチワ」

振り向くと、トルコ人のおっさんがニコニコしている。トルコは親日家も多いけど、日本人をカモにする旅行関係者も多いので、よく声をかけられるのだ。この人はどっちかな。

番「アンカラ行きはこのバスでいいんですかね?」
おっさん「うん、大丈夫だよ。日本人かね?私の息子は大阪にいるんだよ。日本人女性と結婚してね、エミコという。」

「○○という日本人の友達がいる」というのも、トルコでよく聞くセリフだ。実際に友達がいる場合もあるが、単に相手の気を引くためだけに使われることもある。たった1分でも会話して、自分の名前を言うと、次からその名前をダシに使われるというわけだ。つまり、番長がトルコで会った人たちは、次に別の日本人に会った時、「ワシは日本に知り合いがいてね~、バンチョウという。」と言っちゃったりするのである。馴れ馴れしいぞコラ。

まあでもこのおっさんは、「あれ買え」とか「このツアーに入れ」とか、話がそれ以上進展することは無かったのでほっとした。単に「コンニチワ」が言いたかっただけかしらん。

ところで、トルコのバスって、とっても面白い。日本の高速バスなんかを想像してもらっちゃ困るぜ!何てったって、おベンツだぜ!乗り心地最高!長時間でも全然疲れません。さらに、事前予約で席が決まる。えっ、それは日本も同じだって?いえいえ、ここはイスラムの国、男女七歳にして席を同じゅうせず!予約の段階で、女性の隣に男性が来ないよう、ちゃぁんと振り分けてくれるのです!これはいいね~。

そして、何といっても特徴的なのが、メイド!・・・じゃなくて、バスの車掌さん!
いやー、これがほとんどの場合、超美男子!全員ジャニーズに入れる!・・・おっと、つい本音が最初に出てしまいましたが、他に素晴らしいところが、いろんなサービスがあるってとこ。まず、バスが走り出すと、全員の席を回って、良い匂いのするコロンを、手にシュッ!と吹きかけてくれます。(まあ、ちょっと合成的な匂いだし、化学物質嫌いな番長は、次回から丁重にお断りしましたが。)そして、次は飲み物ですね~。まずはミネラルウォーター。お次はコーヒーや紅茶。そしてスナック。菓子パンみたいなのを1つ1つ配ってくれます。トルコにバス会社は星の数ほどあり、競争が厳しいからバス料金も激安なのに、こんなに至れり尽くせりでいいんですかー!と、目を潤ませる貧乏番長でした。

バスはアンカラに着くまでの間、あちこちに止まって、少しずつ乗客を拾っていきます。バス停とは思えないようなところで急に止まることもあるけど、もちろん全員が予約チケットを持ってます。

のんびりとそれを眺めていた番長だが、だんだん青ざめてきた。

「ま・・・まだアンカラに着かないんですか・・・」

もともと出発が遅れた上に、渋滞に巻き込まれて、次のアンカラ発のバスの出発時間まであと少しになっている。どうやらアンカラ市内には入ったようなのだが、さて、バスターミナルはどこにあるのか?10分たっても、15分たっても、バスは止まる気配を見せない。

そしてなんと、ちょうど次のバスの出発時間になって、やっとバスターミナルに到着。
焦ってバスを降り、そこにいた係員に聞くと、ここは到着ターミナルで、出発ターミナルは上階だと言う。

「階段、どこやーーーっ!!」

バスターミナルというから、さっきのネヴシェヒルみたいのを想像してたのだが、さすが首都アンカラ、バスターミナルが超巨大!ここは東京ドーム!?と言いたくなるほど。その中に、星の数のバス会社がオフィスを並べ、星の数のゲートが連なっている。その中をぐるぐるしながら、やっと階段発見。上階にダッシュして、次のバスのゲートへ。

「あれ・・・バス、いない・・・」

もしかしてもう行っちゃった!?時計を見ると、既に出発時間を5分過ぎている。他にバス待ちしてる乗客も見当たらない。そう、番長を置いて出発してしまったのだ!!ザァーーーッと、全身の血が引く番長。これはやばい、やばいっすよーー!!

そこにボーッと立ってる係員のオッサンに、「○○番のバスに乗りたいんですがっ!」と告げると、持っていた書類をぱらぱらとめくり、「ふーむ。ここで待ちなさい。」とのこと。ほんと?ほんとにいいの!?ちょっと、もう一度調べてよ!

「いいから、ここで待ちなさい。」

キッパリ言われてしまっては待つしかない。しかし、新たにバスが来る気配はゼロ。あたりを見回すと、向こうに1台、ゲートから出たところで止まっているバスが見える。も、もしや、あれは・・・!?

そのバスの行き先表示を見ようと目を凝らしていると、バスのドアが開き、猛牛のような勢いで、コワ~イお姉さんがすっ飛んできた。

姉「アンタ、乗客!?チケット見せなさい!」
番「は、ははは、ハイッ!」

慌ててチケットを見せると、お姉さんは目を吊り上げ、「こっち来なさい!」と、ぐいぐいバスに引っ張っていく。わーん、番長のせいじゃないんだよー、あのオッサンが・・・とアピールしたくて、オッサンに向かって「いいのね!?さっき言ったことと違うけど、この人についてっていいのね!」と、目を吊り上げて叫ぶ。「けっして番長のせいじゃございません」というポーズをとりたい一心の、あまりにも人間的に小さい行動であった。(もちろんおっさんはどこ吹く風。お姉さんにも通じてない。)

「ソ、ソオ~~リィ~~」

乗客たちの冷たい視線に耐え、バスに乗り込む番長。・・・という図を想像していたのだが、バスの乗客はいたって普通で、番長の席に間違えて座っていた乗客も、「あら、ごめんなさいね~」と、ニコニコと席を替わってくれた。トルコ人、いい人たちです。(←こういう時ばかり・・・)でもほんと、お姉さんも怖かったけど、待っててくれて大感謝!形だけでも「直行」バスを予約しておいてほんとに良かった!

これが今日最後に乗るバスなので、もう渋滞とか遅れとか、気にしなくて大丈夫。車掌さんの手厚いサービスを受けながら、次第に田舎調になっていく景色をぼんやりと眺める番長。やがてとっぷりと日が暮れ、バスはいくつかのターミナルに止まり始めたのでした。

つづきはまたこんど。
[PR]
by bancho55a | 2010-05-30 23:39 | 09.11 トルコ・ギリシャ